社会人のTOEIC勉強法をギュギュっと凝縮!

社会人のTOEIC勉強法

一昔前は英検でしたが、今はTOEICのスコアが英語力の判断基準になっています。
新卒の就活、入社後の昇進、転職の際にもTOEICのスコアは必要になります。
最近では新卒・中途採用のいずれのケースでも、TOEICのスコアを重視している企業が増えてきています。
楽天の場合、社内の公用語を英語にするという試みをした位です。
グローバル化が進んでいますので、今後もそのトレンドは変わらないはずです。

TOEICですが、率直に言ってそこまで難しい物ではないです。
結局テストですから、きちんと勉強をすることで攻略することが出来ます。
私も900点台ですし、職場の同僚も800点から900点台が結構います。

重要なのは、全員が最初から高得点だったわけじゃないことです。
同僚の中には、社会人平均スコアの600点以下だった人もいます。
私が知る限りでは3名が平均以下、内1人は300点台でした。
初めてのTOEICだったそうですが、相当低いですよね。

それでも、正しい方法で勉強をすることでスコアを伸ばせました。
ですから、誰でもきちんとした方法で勉強をすることが出来ればスコアを伸ばせます。
800点は余裕、900点だって本気で取り組めば到達できるスコアです。

ここでは、社会人の方におすすめのTOEICの勉強法をご紹介します。
短期間でスコアを伸ばせる方法なので、宜しければご覧下さい。
但し、本気でTOEICを伸ばしたい方に限ります。

TOEICを攻略する上で重要なこと

TOEICを攻略する上で、重要なことがあることをご存知でしょうか。
これは勉強全般に該当することでもあります。
そしてそれは2つあります。

最初が、TOEICの勉強をする時間を作るということです。
これがTOEICを攻略する上では最も重要なことなんですよ。

既にデータで判明しているのですが、成績と勉強の時間は比例の関係にあります。
つまり勉強時間を積み重ねていけば、成績も自ずと伸びていくことになります。
大学入試において、難関大を希望するなら高校1年生から勉強をするべきだと言われているのはそれも理由になります。
高校2年生以降から頑張っても可能性はありますが、高校1年生から同じレベルで取り組んでいる学生に追いつくことは困難です。
向こうの勉強時間も積み重なっているので、総学習時間で追いつけないからです。

社会人の方がTOEICを攻略するのであれば、勉強する時間を作ることが大事なのです。

ですが、社会人の方の場合は仕事がありますから忙しいですよね。
仕事がある平日の日であれば仕事だけで精いっぱいで、勉強することは相当厳しいです。
かといって、帰宅してから勉強を頑張ったら翌日以降の生活に悪影響があります。
眠い状態で仕事をするなんて、月曜日や火曜日辺りだったら悲惨ですからね。

ですが、これに関しては特効薬があります。
きちんと解決できる勉強法がありますから大丈夫です。
具体的には後半の方できちんと案内を行います。

次に重要なことは、TOEICに絞って勉強をするということです。

英語の試験ですが、TOEICはTOEICです。
英語の勉強ではなくてTOEICの勉強をするべきです。
英語が出来る=TOEICが出来るとはならないからです。

帰国子女の場合、英語がスラスラ話せる人が多いですよね。
私の周りにもいますけれども、TOEICのスコアは満点ではないです。
更に言うと900点台でもなくて、800点台ですから大したことはないですよね。

つまり、TOEICには独自の対策が必要だということです。
ですからTOEICの勉強をするならTOEICに絞った勉強をするべきなのです。
例なので買うべきではないですが、例えば英文法の本を買うとします。
その場合、総合的な英文法の本を買うのはよくないです。
買うのであれば、TOEIC用の英文法の本を買うべきだということです。
リスニングとかも同じで、リスニング用の本じゃなくてTOEIC用のリスニング本を買うようにしましょうということになります。

勉強時間を確保し、TOEICだけに絞った勉強をすることが重要です。
どんな方法でTOEIC対策をすることにしても、ここだけは守るようにするのが良いでしょう。

TOEIC対策を始める前に購入するべきもの

次にですが、TOEIC対策を始める際に必須のものがあります。
これだけは絶対に購入するべき、鉄板のアイテムです。
TOEICを受けた経験がある方なら持っているかもしれませんね。
そう、それはTOEICの公式問題集のことをいいます。

新傾向に変わりましたが、それに対応した公式問題集なら大丈夫です。
もし所有していないのであれば、最新の公式問題集を選びましょう。
何冊か出ているようですが番号が古い、大きい奴が最新のバージョンです。

TOEICの公式問題集が必須の理由は、本試験に一番近いからです。
敵を最も知ることができるアイテム、とでもいいましょうか。

値段が1冊三〇〇〇円弱することから高いという指摘もあります。
本番と同等の問題に触れられるのですから、この指摘は的外れです。
それも2回分ですから私的には安い位だと思います。

持っていない場合は書店に行って、今すぐ購入しましょう。
購入することでTOEICの勉強を始めるきっかけになります。
三〇〇〇円払ったことで、回収するためのやる気が出ます。

購入してから直ちに取り組む必要はないです。
TOEICの勉強をしていない場合は尚更で、解くだけ無駄です。
多分時間を計って正確にやっても、リーディングの方は時間不足になると思います。
リスニングも多分ですが、前半のうちにやる気が萎えると思います。
公式問題集は相当良い物ですから、1回の試験を無駄にするのは勿体ないです。
これは最後に取っておく、受験前のデモンストレーション用にしておくべきです。

社会人の方でしたら、TOEIC公式問題集以外の本は不要です。
これ以外の本は買う必要がないです。
英単語、英文法の本を買う位の余裕があるなら、更に公式問題集を1冊買った方が遥かに良いです。

英単語も英文法も勉強自体は必要ですよ。
それにリスニングの勉強だって必要です。
TOEICはテストですから、ある種のテクニック的な物も必要です。
受験でいう、計算問題から先に解け!的なものですね。

ですが、これはこの後紹介する勉強法で解決するからです。
その方法であれば、英単語からリスニングまで全て勉強することができるのです。
だから公式問題集以外は買う必要がないのです。

お金は大事ですから取っておきましょう。
TOEIC本試験でも受験料が掛かりますから、それに使うほうが良いです。
私もTOEIC900点を持っていますが、家に公式問題集以外は無いです。
友人に聞かれることもありますが、他は要らないよと伝えています。

社会人にオススメのTOEIC勉強法

皆さんお待ちかねの勉強法に入ります。
TOEICは勉強時間と特化した勉強が大事だと前半の方に記載しました。

ここで問題になるのが勉強時間です。
社会人の方は仕事がありますから、この時間を作るのが厳しい方が多いからです。
特に平日であれば困難ですよね。

ですが、TOEICでスコアを伸ばすためには何とか勉強しなければなりません。
特に記憶を定着させるためには回数が重要なだけに、出来る限り毎日勉強する必要があります。
平日仕事で忙しい方でも勉強する時間を作り出す、捻出しなければならないのです。
だからといって1時間以上の勉強時間は不要で、少しでも良いから確保するのがミソです。

使える時間が僅かな社会人がどうすれば勉強時間を作れるでしょうか。
仕事をアンダーコントロールすることは難しいです。
急な仕事が入ることもありますし他人と働く以上、予定通りに進むことの方が珍しいからです。
予定よりも遅れて仕事が終わる方の方が多いでしょう。

そんな方にも今とっておきのアイテム、ツールがあります。
社会人の方はそれをつかうことで完璧なTOEIC対策が可能になります。

それは、スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースです。
これが社会人の方のTOEIC勉強法として最適なツールです。
ご存知ない、初見の方の為に詳しくご紹介していきます。

スタディサプリENGLISHとは

スタディサプリENGLISHというのは、簡単に言うと通信教育の部類に該当します。
といっても、進研ゼミの様な紙の形式で勉強する物ではありません。
ネットで勉強する、インターネット学習サービスです。
車雑誌のカーセンサー、不動産情報のSUUMOでおなじみのリクルート系列が運営しています。

スタディサプリというのもありますが、英語だけにファクターを置いているのがスタディサプリENGLISHです。
その中には、日常英会話を学べるコースとTOEIC対策が出来るコースが設けられています。
私がオススメするのは後者、TOEIC対策コースです。

TOEICで必要な英文法、テクニックの知識を授業を視聴することで学びます。
座学中心ではなくて、英単語学習やリスニング学習も出来ます。
シンプルに言いますと、私的にはこれ以上ない社会人向けのTOEIC対策ツールです。

スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースの魅力

次にスタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースの魅力を案内します。
どうして社会人に適しているのか理由が無ければ、ただのごり押しになっちゃいます。

TOEIC対策が完結

スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースが素晴らしいのは、このコースだけでTOEICの勉強が全て完結するからです。
英単語、英文法、リスニングから問題演習まで全て出来ます。
だから英単語や英文法の本が不要なのです。
流石に公式問題集だけは別途必要にはなります。

毎日勉強時間を作れる

スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースは、スマホで使えます。
ドコでも勉強できますので、社会人でも勉強時間を確保できます。

講義の場合も1回15分前後に調整されていますので、この程度の時間であれば通勤電車の中で視聴できますよね。
ポーズで停止できますし、1.5倍速にも対応しています。
イヤホンで耳だけで講義を聴くという学習方法も出来ます。

クオリティの高さ

書店に行けばTOEIC対策本、グッズが沢山あります。
ですが、本番とは問題の難易度が違ったりリスニングの速度も異なる場合が多いです。
ゴミ教材も思いのほかあります。

スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースは、クオリティも高いです。
講義担当の関講師はTOEIC満点の方ですし、問題については公式問題集にも携わったスタッフが対応しているからです。

スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースで一通り学習、TOEICを受験するために必要な英語力を磨いてから、公式問題集を受けることでスコアアップを確実に狙うことが出来るはずです。